M&A実績

M&A実績

実績①

  • 譲渡企業A社
  • 矢印
  • 譲受企業B社

買収条件

M&Aの背景、及びM&A成立のポイント

  • 事業の選択と集中を行うため、A社が対象事業の売却を決定。
  • A社としては、譲渡後の事業成長を期待して、相乗効果および資金投資力がある上場企業を譲渡先として希望。
  • 当社が専任仲介者としてアドバイザリー契約を締結。
  • 当社グループの顧客ネットワークを活用し、買収候補企業を選定。活動開始からわずか2週間で面談を実現。
  • B社にとっても、今後の事業戦略上、商品ジャンルおよびEC事業の拡充においてメリットが大きく、
    双方にとってマッチング精度が高いことが判明し、スムーズにM&Aが成立。

実績②

  • 譲渡企業C社
  • 矢印
  • 譲渡企業D社

買収条件

M&Aの背景、及びM&A成立のポイント

  • C社のオーナーが、後継者不在を理由に株式譲渡による事業売却を決断。
  • C社の顧問税理士を経由して当社に依頼、当社は当案件の共同FAに就任。
  • 当社グループの顧客ネットワークを活用し、買収候補企業を選定。依頼から1ヶ月で面談を実現。
  • 同業、もしくは関連事業を展開する企業への譲渡を検討していたC社オーナーのニーズと、
    上信越エリアに進出を検討していたD社オーナーのニーズが合致。
  • C社は、D社の他にも、当社以外から紹介されたE社を譲渡先の一社として検討していたが、
    事業の関連性の高さ、経営陣との相性の良さから、D社への株式譲渡を決断。
  • 当社への依頼から約4ヶ月半というスピードでM&Aが成立。

実績③

  • 譲渡企業E社
  • 矢印
  • 譲渡企業F社

買収条件

M&Aの背景、及びM&A成立のポイント

  • E社のオーナーが、後継者不在を理由に株式譲渡による事業売却を決断。
  • 当社が専任仲介者としてアドバイザリー契約を締結。
  • 当社グループの顧客ネットワークを活用し、買収候補企業を3社ほど選定。
    E社とのFA契約締結から10日後には、F社のオーナーへアプローチ&案件のご紹介、更にその2週間後には、E社、F社の両オーナーによる面談が実現。
  • 同業大手企業への譲渡を検討していたE社オーナーのニーズと、仙台エリアへの進出を検討していたF社オーナーのニーズが完全に合致。
  • 仙台エリアで抜群の知名度を誇るE社の企業ブランド力に高い評価をしたF社オーナーが譲渡条件を満たす条件を提示し、
    E社オーナーがF社への譲渡を決断、M&Aが成立。
  • E社による当社への相談・依頼から、約3ヶ月半というスピードでの成立が決めての一つ。