MENUCLOSE

M&A実績

両社の需給ニーズが完全に合致
大手資本との理想的なM&Aが実現

譲渡企業

酒類販売卸売業

  • 売上高:5~10億円
  • 従業員数:10名未満
  • 所在地:兵庫県
  • 業歴:約60年

背景

単独での事業拡大に限界を感じており、今後の更なる企業発展を考えた時に、大手企業の販路を活かした経営戦略が最良と判断し、M&Aによる株式譲渡を決断。

譲受企業

通信関連サービス業

  • 売上高:500億円以上
  • 従業員数:5,000名以上
  • 所在地:東京都
  • 業歴:約30年

背景

顧客向けサービスの拡充の一環として、ECプラットフォームを構築する中で、酒類の取り扱いを検討しており、酒類販売事業を展開する企業のM&Aを模索していた。

成立後

◆買い手のグループで展開するマーケットプレイスでの酒類の取り扱いを開始。
 取扱量が飛躍的に向上することに伴い、経営体制を刷新。
◆事業の中心を担っていた従業員は、本人の希望により、独立を視野に入れて別会社へ転職。
成立のポイント
①対象会社が保有する酒類免許が「全酒類卸売免許・小売免許」であったため、買い手としては、同社がマーケットプレイスで抱える顧客に対して、そのすべての酒類のニーズ応えるサービス構築が出来る点で対象会社は大変魅力的であり、念願叶ってのM&A成就であった。
②売り手としても、今後の事業拡大の可能性を考えた時に、資本力のある大手企業との経営統合を望んでいたことから、買い手は最良の相手であった。
TOP