プライバシーポリシー

個人情報保護方針

エムレイス株式会社(以下「当会社」)はM&A事業及び広報活動を継続するうえで、次の個人情報保護方針を定め、実施していくことをお約束します。

この方針は当会社の全役員及び従業員が一体となって取り組んでいくものであり、当会社のビジネスに関わるお取引先企業様にもこの個人情報保護方針への理解と協力を求めていくことで、個人情報の適切な保護に努めて参ります。

  1. 当会社は、取得した個人情報について同意を得た目的の範囲内で利用または提供し、それ以外の目的では利用または提供致しません。また、そのための措置を講じます
  2. 当会社は、個人情報の漏洩、滅失または棄損等を防止するために適切な予防並びに是正処置を講じます。
  3. 当会社は、個人情報の取扱いに関する苦情・相談に対し、迅速に対応致します。
  4. 当会社は、個人情報保護に関する個人情報保護マネジメントシステムを運用するにあたり個人情報に関する法令、国が定める指針及びその他の規範等を遵守致します。
  5. 当会社は、個人情報保護管理責任者を設置し、運用と責任の権限を与え、個人情報保護マネジメントシステムを構築し管理致します。また、定期的な監査を実施することにより、都度運用手順の見直しを行い、継続的な改善に努めます。
苦情・相談及びお問い合わせ : 個人情報保護管理事務局
エムレイス株式会社  代表取締役 伊東 修

個人情報の取扱いについて

1.個人情報の利用目的

エムレイス株式会社(以下「当会社」といいます)がお預かりした個人情報の利用目的は以下の通りです。

  • お客様へのご連絡のため
  • お客様の問い合わせに的確に回答を差し上げるため
  • お取引先に対する業務上・取引上のご連絡・対応及び管理のため
  • お客様にとって有益と思われる情報や当会社グループの他のサービスをご案内するため

尚、お預かりした個人情報を基に、個人を特定又は識別できる個人データの項目を削除し、個人を特定しない統計資料を作成する場合があります。

2 .個人情報の第三者への提供

当会社はお問い合わせの際にお預かりした個人情報を、以下のいずれかに該当する場合は、第三者に提供することがあります。

  • 個人情報提供について本人の同意がある場合
  • 法令に基づく場合
  • 人(法人を含む)の生命、身体又は財産の保護のために必要がある場合であり、且つ本人の同意を得ることが困難である場合
  • 公衆衛生の向上又は児童の健全な育成推進のために特に必要がある場合であり、且つ本人の同意を得ることが困難である場合
  • 国の機関若しくは地方公共団体又はその委託を受けた者が法令の定める事務を遂行することに対して協力する必要がある場合であって、
    本人の同意を得ることにより当該事務の遂行に支障を及ぼす恐れがある場合

3 .個人情報の共同利用

お預かりした個人情報は、当会社関連会社と共同利用致します。

  1. 共同利用する者の利用目的
    • ①クライアント企業への人材紹介サービス提供のため
    • ②グループ会社のサービスをご紹介するため
  2. 共同利用する個人情報

    氏名、勤務先、職種、役職、年齢、経歴、面談評価など

  3. 共同利用する方法

    データベースの共有

  4. 共同利用する者の範囲: レイス株式会社が出資するグループ各社
  5. 共同利用する個人情報の管理について責任を有する者

    レイス株式会社 個人情報保護管理責任者 取締役 経営管理部長

4.個人情報の取扱いの委託

お預かりした個人情報は、必要と認められる場合には、十分な個人情報保護水準を確保していることを条件として、機密保持契約を結んだ企業に目的の範囲内で委託することがあります。

5.個人情報を与えることの任意性及び当該個人情報を与えなかった場合に生じる結果

当会社が取得する個人情報は、全て任意の提供に基づくものです。ただし、必要な項目についての個人情報をいただけない場合、利用目的に記載の当会社内における諸手続き又は処理に支障が生じ、又は当会社のサービスがご利用になれない可能性があります。

6.個人情報の利用目的の通知、開示、内容の訂正、追加又は削除、利用の停止、
消去及び第三者への提供 の停止

当会社が保有している個人情報については、本人又はその代理人に限り、利用目的の通知、開示、訂正、追加又は削除及び利用の停止, 消去又は第三者への提供の停止を請求することができます。ご請求先及びごご請求方法は下記の「個人情報の利用目的の通知あるいは開示等の請求先及びご請求方法」をご覧ください。その際、個人情報の漏洩や情報の書き換え等を防止するため本人あるいは代理人の確認が可能な書類・資料をご提示していただきますが、その内容につきましても下記の「個人情報の利用目的の通知あるいは開示等の請求先及びご請求方法」をご覧ください。また、利用目的の通知、開示の場合は、通知に係る手数料は頂きませんが、ご申請頂く際の書類の郵送料につきましてはご申請者負担とさせて頂きます。 開示対象個人情報には、1項の個人情報の利用目的の(1)から(5)に示したものが該当します。

  1. 【個人情報の利用目的の通知あるいは開示等の請求先及びごご請求方法】
    • 請求の手順
      まずは下記【ご請求先】へご連絡ください。
      その後、本人からのご請求であることを確認させていただいた上で、対応いたします。
    • 必要な資料
      • ①当会社の定める申請書 (下記【ご請求先】にご連絡頂いた後にお送りいたします)
      • ②本人であることを証明できる資料 (運転免許証、パスポート、健康保険証、年金手帳)
    • ご来社の場合
      ①と、②のうち1点の原本をお持ちの上、ご提示ください。
    • ご送付の場合
      ①と、②のうち1点のコピーを【ご請求先】住所宛にご郵送ください。(お名前を確認することが目的ですので、生年月日などその他の情報項目はぬりつぶして頂いても結構です。)
    • 代理人請求の場合
      ①と、請求者本人について②のうち1点のコピーに加え、請求者本人との関係を証明する書類(戸籍謄本、成年後見登録事項証明書、委任状)のうち1点を【ご請求先】住所宛にご郵送ください。

      手数料:手数料は頂きません。ただし、ご請求の際にかかる交通費又は郵送費につきましては、ご請求者負担とさせていただきます。

      尚、次に定める場合は開示等のご請求に応じることができない場合がございますので、あらかじめご了承ください。なお、その場合は、その旨、理由を付記してご通知いたします。
      • 本人又は第三者の生命、身体、財産その他の権利利益を害するおそれがある場合
      • 当会社の業務の適正な実施に著しい支障を及ぼすおそれがある場合
      • 他の法令等に違反することとなる場合
      • 所定の書類等に不備があり、不備の訂正をお願いしても訂正がされない場合
      • 開示対象個人情報に該当しない場合(取引先企業から委託された個人情報等)
      • 本人からの請求であることが確認できない場合
ご請求先 個人情報保護管理事務局
  • 〒104-0031
  • 東京都中央区京橋3-1-1 東京スクエアガーデン7階
  • 電話 : 03-3275-6618
  • e-mail :privacy@race2005.jp
  • 改定日:2015年2月17日
  • レイス株式会社
  • 代表取締役社長 藤 修
  • 個人情報保護管理責任者 取締役 経営管理部長
個人情報の取扱いに関するお問い合わせ窓口 個人情報保護管理事務局